So-net無料ブログ作成
ファッション ブログトップ

アンドゥアメット 店舗 六本木 常設展示販売は? [ファッション]

先日カンブリア宮殿において取り上げられたエチオピア羊の革を

つかった高級バッグ【アンドゥ・アメット

96958A90889DE4E0E4E3E3E5E0E2E3E7E3E3E0E2E3E1E2E2E2E2E2E2-DSXBZO6261178015112013I00001-PN1-19.jpg

出典:日経新聞




その独特のモチモチと吸い付くような手触りと、モコモコとした形と

は裏腹に驚くほどの軽さとデザインが人気の女性用バッグです。



すべて手作りで1個の完成まで3日を要するそうで、使われる素材

は、エチオピアでしかとれない希少なエチオピア羊(シープ)です。




人気の秘密は、やはり独特の滑らかさと丈夫さを持つエチオピア

シープだそうです。


しかも販売価格は1つ約10万円程と結構なお値段です。


この商品の製作製造は、すべてエチオピアで行われており、その

製造から職人を育てることまですべてを一から立ち上げた人物が

アンドゥアメット代表の鮫島弘子さんです。


まさに一人ブランドで、彼女が一から作り上げた経緯ですが

化粧品メーカーのデザイナーを経験した後、海外青年協力隊

でエチオピアに赴任。


そこで鮫島さんは、エチオピア羊の革の魅力に出会います。


しかし高品質なこの羊な革が、エチオピアから二束三文で輸出

され、海外で付加価値を付けて高く売られているのに対しエチオ

ピア国内に何の恩恵ももたらしていない現状に衝撃を受けたそう

です。


それから鮫島さんは、エチオピア発の高級バッグメーカーの設立

を決意し、5年間世界的な高級ブランドでブランディングノウハウを

学んだ後、エチオピアの首都アジスアベバに工房を設立したそうで

す。


縫製やデザインなど始めは技術力がない職人に、高品質なバッグを

作るため自ら指導し育て、最貧国と言われるエチオピア発の高級ブラ

ンドバッグ『andu amet(アンドゥ・アメット』が作られているのです。



【エチオピア羊は、他の羊とどう違うのか?】

国土の大半が高地のエチオピアです。その3000mを超える場所で

生息するのがエチオピア羊です。

高地の為寒暖の差が激しく、そこで育つ羊の革は丈夫でやわらかく

他の羊とは、まるで違うそうです。





【今までは、どう使われていたか?】

貴重な素材としてエチオピアシープスキンは、主に材料としてイタリア

フランスなどのヨーロッパに輸出され、高級ブランドバッグなどになり世

界中で販売されています。


またドイツ製超高級車のレザーシートにも使われているそうです。

その他グローブとして販売されていたり、50万円近くするヘッドフォン

にも使用されていたり日本でも元々バッグやゴルフのグローブ、財布

などで加工され販売されているそうです。



【実際の商品を見るには?】

インターネットでの販売が主力のようですが、デパートなどへのスポット

展示・販売などがされており2012年4月に誕生以来、東京ミッドタウン、

渋谷ヒカリエ、六本木ヒルズなど人気のスポットに出店しています。



直近では、六本木ヒルズで約1ヶ月展示販売されます。

【六本木ヒルズPop-up Boutique】


【期間】2014年1月15日(水)~2月16日(日)

【営業時間】11:00~21:00

【場所】六本木ヒルズ 3階 ウェストウォークワゴン(エスカレーター横)

今回はバッグのみならず、エチオピアのエシカルジュエリーや伝統手

織りのストールなども展示されるそうです。




また常設展示というわけではないですが、毎月第1と第3土曜日の 午後にだけオープンする、andu ametのショールーム

Gallery andu amet」が外苑前駅徒歩2分にあるそうです。



Gallery andu ametへの行き方

1 銀座線外苑前駅のb1出口を出る

2 そのまままっすぐ進む

3 Casshinaと松屋の間の道を右折

4 一つ目の角を右折

5 左手に Boutique99というアパレルショップがあるビルの

2Fで、入り口に看板が出ているそうです。

1003868_467155083390101_715766761_n.jpg

〒107-0062 港区南青山2-22-2 篠崎ビルMA24/2F


触るとやみつきになるというアンドゥアメットの商品を是非一度

手にとって見られてみては、いかがでしょうか?




商品を知り、国を知り、背景を動画で知る























トレンドニュース ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

伊勢丹 タータンチェック リニューアル [ファッション]

 伊勢丹が、1958年頃から伊勢丹の象徴として使用されてきた

タータンチェックの紙袋を10月30日から新たにリニューアルす

ることになりましたね。



長年親しまれてきた「マクミラン/ アンシェント」の色と柄を

アレンジしたタータンから、オリジナルのタータン「マクミラン

/ イセタン」に変更するとのことです。



こちらが新タータン
image.jpg




新タータンは10月30日からショッピングバッグをはじめとし

た様々なシーンで使用され、企業の象徴として発信されるそ

うで、今までと違いブランディングツールとして利用するようです。





「紙袋タータンの歴史」

 伊勢丹のタータンは1951年に新宿店にオープンしたティーン

エイジャー向け売場で人気を博した「マクミラン・アンシェン

ト」の柄のスカートをきっかけに、売場専用のショッピングバ

ッグの柄として誕生したそうです。



始まりはが、スカートだったんですね(^^♪



このショッピングバッグが幅広い顧客の人気を集め、伊勢丹

全店で使われるようになったそうです。



約55年に渡り親しまれてきたタータンは、2012年秋に

スコットランド・タータン協会が主催する「タータン・

アワード」のパッケージ部門で世界で初めて受賞しました。



最もタータンチェックを広めた企業として選ばれたこと

をきっかけに、改めて伊勢丹のタータンを見直すことが

決定されたようです。





 新タータンですが、既存のタータンをもとに縦横の幅やカラー

をアレンジ。


オリジナルの布地が織られ、「マクミラン / イセタン」と

して全世界のタータンを一括統制するスコットランドの

「スコットランド タータン登記所」に正規登録されました。




なお10月30日の新タータン導入に合わせて、伊勢丹新宿店の

1階=ザ・ステージでは、「ISETAN TARTAN ワタシノタカラバコ

(仮)」と題したイベントを開催。


「mina perhonen(ミナ ペルホネン)」や「MACKINTOSH

(マッキントッシュ)」などの人気ブランドから、

「マクミラン / イセタン」柄の限定品が登場する予定です。







参考までに [伊勢丹の歴史]

 伊勢丹は1886(明治19)年に神田旅籠町に伊勢屋丹治

呉服店を創業したのが始まりで,その後百貨店へと変化し,

伊勢丹となったのは1930(昭和5)だそうです。


流行のファッションをリードするアイテム・品揃えと店員

さんの質の高さには定評があり,人気のある老舗百貨店の

一つであります。






以前は、新宿の街を歩いていると、高島屋の花柄の紙バック、

三越の白を基調とした中央に青と赤い色が入った紙バックとと

もに、伊勢丹の紙バックをもって百貨店をはしごしている人が

多かったですね。





今後気になるのは、やはりcowcowの多田さんも衣装をイメチ

ェンするのかどうか?が問われているみたいですから、これも

ひとつのブランディング戦略で代名詞としては当たっていたと

いうことですね。



多田さんは、芸風もリニューアルでしょうか???




m(__)m お願~い、押してランキングぅぅぅ・・・

トレンドニュース ブログランキングへ




アナスイ 伊勢丹限定です。

貴重再入荷★今すぐゲット(^^♪必見★激レア度最強!アナスイ ANNA SUI☆伊勢丹限定 ラインストーン入り 大きな蝶々のキーホルダー/キーリング【プレゼントセール】【ブランド品ギフト】【正規品保証】









バレンシアガ 伊勢丹限定

【BALENCIAGA(バレンシアガ) 【伊勢丹限定】ザ・デイ(ショルダーバッグ)】【中古B】BALENCIAGA(バレンシアガ) 【伊勢丹限定】ザ・デイ(ショルダーバッグ)(140442) キャンバス(オフホワイト) 【中古】【楽ギフ_包装】











本当!?伊勢丹限定・トイレットペーパー

★伊勢丹限定 アート・コンビニエンス・ストア★mastermind JAPAN(マスターマインド ジャパン) トイレットペーパー











ほんまかいな?きれいな人は、化粧品を伊勢丹新宿店で買っている

 美人へ「いらっしゃいませ」 キレイな人は化粧品を伊勢丹新宿店で買っている 最新マストバイ377品 (講談社MOOK) (単行本・ムック) / 講談社











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
ファッション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。