So-net無料ブログ作成
検索選択

レンタルフレンド クライアントサービス 彼女をレンタル!? [時事]

友達・彼女をレンタル!!

そんなレンタルサービスが、あったら嬉しい。

という希望から新たなサービス

それが『レンタルフレンドサービス』です。



これは、女性だけの便利屋さんの『クライアントパートナーズ』(渋谷区神宮)

が、提供を始めたサービスです。




さて、その内容と料金はどうなってるのでしょうか?




サービス名:【レンタルフレンド】(以下 HPより抜粋)


 お友達として同行を依頼できるレンタルフレンド。近年高まる

需要から話題になっております。


 新しい街に引越しをしたものの、右も左も分からず困った経

験はございませんか。

それとも、憧れの旅先へ到着したものの、どこから周れば良い

のか検討もつかなく悔しい思いをした方も少なくはないのでは

ないでしょうか。

他にも、クラブミュージックは好きだけどクラブに一人で入るのは

敷居が高いと感じている方、結婚式の埋め合わせ。



 そのようなときにその地元の人に同行・または一緒に遊べるお

友達がいたらいいのに・・・と思ったことはありませんか?

 そのようなときに嬉しいのがレンタルフレンドです!



 孤独な思いをしがちな新しい引越し先、旅先、クラブ等の経験を

一生の思い出に変えてくれレンタルフレンド。

様々な状況に対応したスタッフを揃えておりますので、是非、ご連絡

いただければと思います。


その他にも次のようなご利用例もございます。

★ 初めて参加するサークルに参加するのが心細いので、最初の数

  回だけお友達として参加してほしい。


★ 初めての街なのでお友達として良い飲み屋を紹介して付き合って

  ほしい。


★ イベントを友人にキャンセルされてしまい、代わりに来てくれるレン

  タルフレンドを探している。


★ 一人でジムへ行くのが心細い、慣れるまでは一緒に通ってほしい。


★ ゲームセンターで知らない人と対戦するのは気が引けるので、レン

  タルフレンドとして同行してほしい。




で、料金ですが、基本となる料金体系は以下のようです。


(最初1時間 ¥5,980~(出張費込) 追加1時間ごと ¥2,980円~)


※  内容、時間、場所によりお見積もりがことなります。

※  夜間深夜早朝(20:00~6:00)別途料金追加になります。



とあります。実際にこのサービスを利用されたかたの声からだと11時

間利用し4万弱とのことでしたので、単純計算で1時間約4000円程度

のようですが、条件等で変わるようです。



ご興味のある方は、問い合わせてみては、いかがでしょうか?

http://www.clientpartners.jp/index.html



実際のところどんなスタッフがいるのか動画でも紹介されてます。







創業して3年で15店舗となっているクライアントパートナーズ

の『安倍真紀』さんは、本も出されています。

女性だけの便利屋繁盛記

女性だけの便利屋繁盛記 (一般書)
























トレンドニュース ブログランキングへ

新大久保ゴーストタウン [時事]

【韓流の街】 コリアンタウン新大久保


1年ちょっと前には、物凄い人の数が、ごった返していました。


一番人通りが多かったドンキホーテ脇(通称イケメン通り)職安通りから大久保通りを、車は言うに及ばず自転車や徒歩でも、通り抜けるのは平日でも至難の技でした。


それが今や外交問題を期にデモなどの影響もあり日韓関係が悪化。

人の流れもだいぶ少なくなりました。

一時期、ブームとなりホットクの店が一気に増え、ブームの終焉と共に一気にホットクの店は激減、元のさやへと納まりました。


この辺は、内外装などを手がけるのは同じ韓国の仲間内の業者が行いますので早くて安い(結構アバウト)ので、臨機応変さは、高いです。


また近隣の店舗では、閉めた店も多くあり今現在営業している店舗でも聞くところによると売り上げは、全盛期の3分の1~半分程度と聞きます。


人気絶頂の時には、家賃相場もあがったようですが、本来の落ち着きを取り戻しつつあるようです。


今現在韓国系の店舗では、大きく分けると「韓国料理店・韓国コスメ・韓流アイドルグッズ販売」この3種類が圧倒的に多く、どういった所で差別が図れるのか?が課題です。


通りを外れた(外堀とでもいいますか)ところでは、韓国系のお店から、中華系や日本のドラッグストアなどへ変わっている所も出てきています。なので通りを外れた所では、いかにして集客できるか?が問題で空き店舗や形態を変更するお店が多くなりました。


外交問題を期に真価を問われる形となった新大久保~大久保界隈ですが、ブームで終わらない店づくり、サービスのあり方を問われているのでしょうか?
タグ:韓流

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。