So-net無料ブログ作成
検索選択

「下船病」ザ!世界仰天ニュース [TV]

スポンサーリンク




TV欄を見ていると、何やら気になる見出しが・・・



それが、『世界仰天ニュース』の

【3年経っても治らない下船病】です。


ん!?下船病??あまり聞きなれない言葉の【下船病】とはいったい

どういった病気なのかを、調べてみました。

image.jpg


【下船病とは?】

-------------------------------------------------------------------------
【下船病】 げせんびょう


船から降りた後も、揺れを感じ、めまい・疲労・吐き気・頭痛など

の症状が続く疾患。


飛行機や列車などで揺られた後にも起こる場合がある。船酔

いや乗り物酔いと違って、数週間から数年間続く場合がある。

中年の女性に多い。


*デジタル大辞泉より引用.
-------------------------------------------------------------------------

とあります。



これは東日本大震災における度重なる余震により、被災地の方だ

けではなく、東京の住民でも体調不良を訴える人が増えました。



 実際は揺れていないのに、揺れているように感じて、めまいや吐き

気といった症状に悩まされているというのです。


 関東在住の自分も、ずっと目が回っていて、船に乗っているような

感覚があったのを覚えています。


 この下船病は、別名では『地震酔い』などとも呼ばれているようで

東日本大震災当時いつやむとも分からない余震に加え若干の気持

ち悪さがあったと思います。



【下船病の原因は?】


 下船病とは、船や乗り物から降りた後などに生じる「身体がよろめ

き揺れている感覚(後揺れ)」や平行障害で、視覚情報と平衡感覚 (三半規管)のズレが原因とされているそうです。



他にも似たようなものとして、船や車など、揺れる乗り物に乗ってい

るときに酔うのが「乗り物酔い」。



揺れる乗り物から降りた後の止まった地面で酔うのが「下船病」。


サーファーやマリンスポーツをやる方たちは「陸揺れ(おかゆれ)」

と呼んだりします。



 通常は一過性で数分から48時間ほどで消失するそうですが、

長い余震活動の場合、治りかけた頃にまた揺れると体がなかな

か正常化しにくい可能性があるそうです。




【対処方法はあるのでしょうか?】

ストレッチや軽い運動(散歩など)

② 首を動かす

③ 地震を意識しすぎない(リラックスを心がける)



薬での治療というよりは、誰にでもなりえる症状だけに上記の様な簡単

なエクササイズ・音楽を聞くなどで、他のことに意識を向けるといったよう

なことではないでしょうか?

 
じっとしているのは逆効果だそうですよ。


また酔い止めの薬は、症状を抑えるのには役に立つが、根本的な治療に

はならないそうです。


 また、女性に多くみられる症状だそうですが、長期間になるとむしろ女性

は耐性もできやすいようです。




【長期間の症状】

番組タイトルなどにあるように、長期間3年も下船病というと「津波に遭った

方に比べたらこれくらい・・・」と一人で我慢をしている方など余計に誰に

も相談しないので、長期化することもあるようです。

 


ですので、重度のめまいや頭痛、吐き気などがひどい場合は、耳鼻科の

めまい外来でなど診察を受けた方がよいと思われます。


 めまいには血圧や脳の疾患と関係している場合もあるので、要注意だ

そうです。


この下船病だけに関わらず、症状の長期化した場合は、早めにお医者さん

に相談されるのがいいですね。


なんといっても体が資本ですので、自分自身を大事にして

あげましょう☆




 





スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。